お葬式のマナーについて

お葬式のマナーと言うものがあります。
お葬式は、突然あるものであり、またその時になって慌ててしまうという方も少なくありません。
しかし、社会人として、お葬式のマナーを知っておかなければ、恥をかいてしまう場合もあります。
このため、お葬式のマナーと言うものをしっかりと頭に入れておく必要があります。
お葬式のマナーですが、まず、お葬式と言うものは、服装などにも心がける必要があります。
男性の方は、ダークグレーなどのスーツ、また女性の方も黒や、また紺などのワンピースを着用する必要があります。
喪服などが用意できればさらに良いでしょう。
学生の場合は、お葬式に参列する際には、制服などを着用すれば大丈夫です。
最近では、お葬式に関する服装や、またマナーに関してなども、インターネットに詳しく掲載されています。
このため、少しわからないという点があったり、またいきなり参列しなければならないことになった場合には、こうしたサイトなどをチェックしてみるとよいでしょう。
あまり参列する機会がないという場合には、マナーがしっかりと分かっていない場合があります。
このため、あらかじめ調べておいて、当日に恥をかいたりしないようにしましょう。

葬儀のときの私と、大人になって気づいたこと

私は、親戚や知り合いがそこまで多くはないため、葬儀にもそこまで参加した経験はありません。
しかも、1回1回がかなり空いてしまうので、出るたびにどうすればいいのか分からなくなってしまいます。
そのときは後ろのほうに座り、前の人を見て真似ることが多いです。
不甲斐ないですが、ミスをするよりはいいかなと思っています。
子供の頃は親のやることを見てやっていたというかんじですが、大人になってもあまり変わらないようです。
あと、大人になって気づいたことがあります。
それは、参加している人がずっと沈んでいるわけではないということです。
ただ、私が参加した葬儀の場合、ほとんどの人が長生きしているからかもしれません。
長生きといっても病気で亡くなってはいるのですが、長生きしたというのが先行していて、悲しみにくれるというよりは楽しい思い出に浸るというほうが強い気がします。
個人的には、悲しみにくれるよりはそっちのほうがいいなと感じています。
もちろん、若くして亡くなればそんなことを言っていられません。
ただただ悲しいです。
一度だけ、20代で亡くなった人の葬儀に参加したことがありますが、全く違った雰囲気でした。
あの雰囲気は、二度と味わいたくないですね。

お葬式に備え

いつかは人間は決して死んでしまいます。現代医学では避けては通れません。
時に突然大事な人が居なくなることもあります、悲しみのうちにお葬式の対応に追われ、葬儀が終わることもあります。欠かすことができない行事にも万が一にそなえ混乱してしまったときのため色々な準備はしておきましょう。一昔前は物知りな知り合いが葬式について熟知し、いつ何でも聞けるということもありましたが人と人とのつながりが希薄している現代の世の中では誰に相談すればいいでしょう?インターネットでも本当の情報かどうかは分かりませんよね。 でもなぜ葬式を挙げる必要があるのでしょう?
これは心理的やすらぎ、宗教的な意味、物理的な意味、社会的な意味
からお葬式を挙げるという人が多いです。
近年はほんとに死に対する考えが多様化しています。宗教も信仰していない人も多いです。これはメディアの影響もあります。現在は無宗教形式や火葬のみでいいという人も増えてきました。これは個人の意思であったり、いろんな理由からです。故人に最後にして挙げることができることなので、きちんと用意し、自分の気持ちも納得できるようにしましょう。後で後悔しないような葬儀をあげれることが理想的です。

葬儀社選びのポイントは?費用や口コミ何で判断する?

葬儀をするという時には葬儀社を利用する必要があります。しかしこの葬儀社というのは一つや二つではありませんから、かなりたくさんの中から選ぶ必要が出てきてしまいます。葬儀前というのは精神的にも余裕がないという事が多いでしょうし、やらなければいけない事で追われてとても忙しい時です。そんな時にいざ葬儀社を選ぼうと思うと、あまりきちんと決めることができないという事も少なくはありません。ですから、できれば日頃からしっかりとこの葬儀社に関する知識は手に入れておく、どこが良いのか検討しておくなどそういった事が大切になります。
では次に具体的にどういった方法でこの葬儀社を選べば失敗が少ないのか、簡単に説明をしておきたいと思います。一番理想的なのは、実際に利用をしたことがあるという人に紹介をしてもらうということです。実績が既にありますし、自分であれこれ悩んで探すよりも早くてそして確実です。そういった人が周りにいない場合には、自分でネットなどを利用して口コミなどで調べ、評判の良いところ、実績がしっかりとあり信頼できるところを選択するようになさってください。そうすればきっと良い葬儀社を選ぶことができるでしょう。
そして、最もおすすめなのがネットで出来る一括見積もりです。
こちらのサービスは、複数の葬儀社に一括で見積を出してもらうシステムです。
ですので、費用の比較が簡単に行えるので、葬儀の費用も安く抑えることができます。
こういったサービスを利用すれば、葬儀選びで失敗しないかと思います。
もっと詳しく知りたい方は、こちらのサイトをご覧ください。
http://葬儀葬式の費用.com/

葬儀参列の服装マナーについて

通夜に出席となると、急いで駆け付けたという気持ちを含め、黒っぽい服装であればかまいませんが、葬儀(告別式)となると喪服着用が好ましいです。もちろん、黒っぽい平服でも構いませんが、基本的には、黒いスーツなど喪服ではなくても喪服に近いものがいいでしょう。

また、女性の場合は、アクセサリーにも気を付ける必要があります。ダイヤなど光るものが埋め込まれた指輪や、ピアスは控えましょう。結婚指輪にダイヤが埋め込まれている場合は、ダイヤの部分が手のひら側に行くように回しておくと目立ちません。

真珠のネックレスは涙を連想させると言う意味で、喪服にふさわしいアクセサリーですが、2連になってしまうと不幸が重なるという意味になってしまうので、1連にしましょう。

靴や鞄も黒で揃えるのですが、光沢のあるものはNGです。もし光沢がある黒の鞄しかない場合は、光沢のないダークカラーのものの方がいいでしょう。

季節が冬で、コートも着用する際は、葬儀会場に入る前に脱ぐといいでしょう。この場合は、かならずしも黒ではなくてもいいのですが、出来れば、ダークカラーで、光沢のないものが好ましいです。

また、毛皮などの殺生を連想させるものは控えるようにしましょう。

ハンカチは白の無地でも構いません。カサを持ち歩く場合は、これもまたダークカラーにするか、ない場合はビニール傘を利用しましょう。

葬儀だから絶対に全て黒にしなければならないというものでもありませんが、大切な人を亡くした方の気持ちに沿えるような装いで参列することが大切です。

故人らしい葬儀を行うために知っておきたいこと

葬儀というと、多くの場合は、自宅もしくは葬儀場において僧侶を読んで取り行うのが常とされてきましたが、近年は葬儀のスタイルが増え、より故人らしい葬儀を行うケースが増えてきました。従来はその形式や世間体を意識した葬儀が主流でしたが、そのようなものに捉われず、個性的な葬儀を望む人が増えてきたということができます。人がなくなるということは突然のことも多く、いざという時に考え始めていたのでは遅いものです。生きているうちに自分や家族の葬儀をどのようにとり行うのか、ある程度は考え、葬儀について知っておきたいものです。
葬儀の種類は、仏式、神道式、キリスト教式などの特定の宗教のもとで行うものと、宗教に関係なく、自由葬、自然葬、音楽葬、偲ぶ会等という形をとるものがあります。最近は生きているときに自分の葬儀を行う、生前葬というものもメジャーになってきました。近年流行りの宗教に関係なく行う葬儀は、どのような形式にするかということが完全に自由なため、葬儀というよりは、故人にお別れを告げる告別式という色合いが強いものになっています。葬儀の規模を表すものとして、身内だけで行う密葬、家族のみの家族葬、火葬場で直接別れを告げる直葬、会社が主催する社葬があります。
いずれにしても、どのような形式が望ましいのか、故人の遺志や立場を考慮して、日ごろからある程度考えておくことが、故人をきちんと送りだすことに繋がると考えます。

葬儀の流れについて

先月父親を亡くしてお葬式をすませたので、葬儀場での流れについてよく知っています。宗派は禅宗でしたので一般の仏式と同じ流れでした。葬儀場でする場合はお通夜と告別式が同じ場所になり、時刻もお通夜の場合は18時から、告別式は10時から始まることが多いです。葬儀場の規模が大きいと同時に行われるので式も同時に進行していることになります。親族は祭壇のそばに左右別れて座ります。喪主は祭壇に一番近い場所になります。
お通夜の場合はお坊さんが登場してお経を唱えてから始まります。参列される方の席は祭壇から離れた場所にありますが、大勢の場合は待合室か待機するホールにいることになります。親族用と参列者用の2か所の焼香台にそれぞれ2個の香炉がおかれるので、読経中に最初に参列者が2人一緒にお焼香します。
次に親族が同様に2人一緒にお焼香します。
2日目の告別式も同様ですが、途中で初七日のお経がはじまります。その後休憩が入り、祭壇の前に安置してあった遺体が中央に置かれます。故人のゆかりの物を棺の中にいれます。父親の場合は背広と靴と野球のルールブックを入れました。参列するかたがお花をいれ蓋が閉じられます。
火葬場までは近かったのでストレッチャーに載せて移動しました。火葬場ではお坊さんが読経し、焼くことになります。その前後に喪主の挨拶があり、故人との別れを告げます。骨上げは親族が2人ペアになり行います。その後は挨拶、献杯のあとに精進落としとなり一連の葬儀が終わります。

葬儀の時に失礼にあたらない子供の服装

葬儀の時に困るのが、子供の服装でしょう。
大人の場合、喪服の1枚は常識として持っているのが当たり前ですが子供の場合はそうもいきません。
また葬儀は急な事が多いので、準備に時間を掛ける事も出来ないでしょう。
葬儀に参加する場合に失礼のない子供の服装とは、どのような物なのでしょうか。

もし制服のある学校に通っている場合、基本的に制服で葬儀に参加するのが一般的です。
例え制服の色が、黒や濃紺でなくても構いません。
学生にとっては、制服が礼服にあたると考えても良いでしょう。

制服がない場合で小学生以上の子供の場合は、白いブラウスに紺や黒などのスカートやパンツを合わせます。
また黒や紺のトレーナーやセーターなどの普段着でも構いません。
女の子の場合はそういった色のワンピースも可能です。
しかし、キャラクターものや派手なものは避けて、黒や紺の出来るだけ無地のシンプルな物にしましょう。

また子供であっても葬儀の際に素足はNGです。
必ず靴下を着用するようにしますが、出来れば靴下は黒にした方が無難です。
しかしどうしても買いに行く時間がない場合などは、白でも構いません。
但し赤や青などカラフルな靴下は避けましょう。

そして靴はスニーカーや運動靴で構いませんがこの場合も出来るだけ黒、または黒に準ずる色にします。
どうしても、という場合は白なら許容範囲です。

乳児くらい小さくなると、派手な色を避け、きちんと靴下を履かせるなら普段のロンパースでもマナー違反にはあたりません。
しかしなるべく落ち着いたカラーの洋服を着用させた方が良いでしょう。